社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
文字サイズ 大 中 小

[研修センター] 四天王寺社会福祉研修センター

活動状況

2020年1月1日

謹賀新年 ご挨拶

ねずみ獅子舞い.png

 

新年あけましておめでとうございます

 

 昨年も様々な方に支えられ、本当にお世話に

なりました。

 今年は、当センターでは新しい研修会場を設営し、

より多くの方々にお役立ちできればと考えています。

 

 さて、新年を迎えるにあたり、昨年心に残るトピックスが

ありましたので、僭越ながらみなさまにお届けしたいと思います。

 それは、仕事に向き合う姿勢についての捉え方についてです。

 人は、それぞれタイプが違うが、潜在的には会社(法人)を

「良くしたい」という同じ目標を想い、表現の仕方に独自性がある

ということです。

 あの人のことは理解できない・・。もっとこうしたらいいのに・・等、

自分とはタイプが違う人には、否定的に捉えてしまうこともありますが、

実は根底では繋がっているものがあるんですね。

 

 令和2年を迎える今年、

「和」の気持ちを改めて感じながら、人と繋がる大切さを

大事にしていきたいと思います。

 どうぞ 本年もよろしくお願い申し上げます。

 

四天王寺社会福祉研修センター

主任 畑田敦史

 

 

2019年12月16日

実務者研修 修了生へのエール ver.2

介護福祉士国家試験対策 模擬試験!

 12月半ば。日に日に寒さも厳しくなってきました。

 今回は、当研修センターにて実務者研修を修了した方々のフォローアップとして、過去問対策に続き、模擬試験を実施しました。

 学びを共にした仲間との再会を感じながらも、1月の国家試験本番に向けて、当日さながらの緊張感の中、力試しです。

 試験後は、間違いが多かった問題を解説と共に振り返り、確認しました。

 あと少し、みんながんばろう!

 

模擬看板.jpg

試験.JPG

  

 

2019年11月29日

羽曳野市生活援助サービス従事者研修

 11月13日(水)と11月20日(水)の両日のおきまして、羽曳野市生活援助サービス従事者研修が行われました。

 今年の冬は暖冬のようですが・・・。

なんと教室の空調機器を初日はクーラー、2日目は暖房、と気温の振り幅に翻弄されながらも、体調を崩すことなく無事修了することができました。

 

 今回の11月クールも少人数でしたので、テキストの内容にとどまらず、2日間、講師を含め、とてもリラックスして様々な話にも花が咲き、楽しく過ごせました。

赤穂さん1.JPG 光﨑さん2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

上田介護長3.JPG

 

 

 

 

 皆さん、今後は自身の仕事に活かしていきたいと、とても前向きな姿勢を見せておられました。

まだ、定着していない資格ではありますが、この資格を活かして働ける場がもっともっと広がり、周知されるようになればいいなと思っています。

 

2019年10月29日

重度訪問介護従業者養成研修10月コースの授業風景

 重度訪問介護従業者養成研修は、講義、演習及び実習により行われる研修です。

まずは、座学にて基礎知識を学び、次にロールプレイング等による演習を行い、最後は現場での実習を終え、修了となります。

今回は、令和元年度10月コースの様子をお伝えしたいと思います。

 

20191013 髙市講師講義風景.JPG

初日です。最初は何事も緊張するものですね。

皆さん、介護の仕事をより深く知り、仕事に結び付けたいと思い足を運ばれた方々です。

20191020川本講師講義風景1.JPG 20191020川本講師講義風景2.JPG

演習授業に入り、説明を一生懸命聞いています。

授業を終えて、「勉強になりました。」「今後に活かしたい。」等の感想をいただきました。

あとは、現場での実習を終えるのみです。

無事、資格を取得した暁には、皆さん福祉現場で思いっきり活躍してくださいね。

2019年9月21日

実務者研修、修了生へのエール

「ぶどうの家」施設長へのインタビュー

今回は、当研修センターにて、実務者研修において多くの受講生を派出いただいている「ぶどうの家」の阪本施設長にお話しを伺いました。

 ぶどうの家は、羽曳野市のぶどうの産地、駒ヶ谷にある「診療所・薬局・デイサービス・グループホーム・ケアセンター・介護センター」を展開している施設です。

 玄関を入ると、アットホームの雰囲気の中、若いスタッフからベテランスタッフ、ご利用者と温かい挨拶をかけてくださいました。こうした中で、若いスタッフを中心に研修に参加くださり、向上されているのですね。

 阪本施設長に、当研修センターを選んでくださる理由を尋ねました。

 理由は、「研修についてわかりやすく説明くださり、安心できた」「講師陣もしっかりしており、良い学びができると感じた」点等を挙げてくださりました。

大学教員や専門スタッフ、現場でのベテラン介護員が担当していることが、受講生にとっても実りある研修となっているようで嬉しいです。

 また、当研修センターでの修了後、職員さんの様子等を伺うと、「すごく変化はあります。技術的にはすぐに大きく変わることはないですが、若い職員の自信になっているようで、前よりもイキイキと、笑顔がみえるようになりました。」とご意見をいただきました。

研修の中で、他受講生や講師との関わりから、「技術の裏付け」や自身がしていることへの「安心と自信」に繋がっているみたいです。

 今後も、地域との結びつきを大事にしながら、研修センタースタッフ・施設スタッフともに、一緒に育っていきたいというお話でした。

みなさま、ありがとうございました。

そしてこれからも、よろしくお願い致します!

ぶどうの家①.jpg

ぶどうの家②.jpg

ぶどうの家③.jpg

ぶどうの家④.jpg

2019年9月17日

実務者研修4月コース修了です!

実務者研修令和元年4月コースが修了いたしました。

ハッピー①.jpg

 9月に入ったといってもまだまだ暑い日々、8月から始まりましたスクーリングですが、今回は初日午後の演習から、大雨落雷による停電に見舞われました。一時は中止も頭に過りましたが、その後回復し、授業が再開できホッとしました。

電気もつき、気を取り直して、さあ仕切り直しです。

 

 まずは座学、介護過程の展開に苦戦しつつも、グループワークでいろんな人と意見交換しながら、まとめていく作業に一生懸命です。

グループでのワーク①.JPG

 

 

 

 

 

 

真剣.JPG

グループでのワーク②.JPG

 

 

 

 

 

 

 食事介助や杖、浴室を使っての演習                              

                                  杖.JPG 階段.JPG

 

 

 

 

食事介助.JPG

浴室.JPG   

 

 

 

 

 

 

 喀痰吸引や経管栄養等の医療的ケアでは、回数を重ねる毎に上達していく様子がうかがえました。

佐久本先生.JPG

吸引受講生.JPG

 

 このメンバーが、今回コースの面々です。

やり遂げた感、あります。

最後は、みんな揃って、「はい、ち~ず!」

お疲れ様でした。

全員で.JPG

花束③.jpg

2019年7月31日

羽曳野市生活援助サービス従事者研修

羽曳野市生活援助サービス従事者研修が修了いたしました。

まず、2日間の研修を振り返ってみましょう。

さあ、授業開始です。 授業風景③.JPG

 

 

 

 

 

 

グループワーク①.JPG

 

先生を巻き込みながら、受講生みんなで課題に取り組み、意見交換しています。

 

 

 

 

                                     グループワーク②.JPG

 

 コミュニケーションもばっちりです。

 

 

 

 

 先生の実際の現場でのお話や指導は、とても興味深いものです。

授業風景②.JPG 授業.JPG

 

 

 

 

 

  いよいよ修了です。 修了.JPG

いかがでしたか。少しでも様子が伝わったでしょうか。

この研修を受講され、福祉のこと、介護のことに興味をもっていただければ、そこから第一歩が踏み出せるのではないかと思っています。

これからの皆さんの活躍、大いに期待しております。

2019年7月6日

重度訪問介護従業者養成研修6月開講コースの近況報告

 6月22日(土)にスタートした重度訪問介護従業者養成研修が座学、演習を終え、実習に入りました。

最初は、どんな授業だろうと緊張しつつ授業を受けている様子が伺えます。

授業風景1日目.JPG

授業風景2日目.JPG

 

先生も教える姿に熱がこもります。

 

 

 

  

   授業風景演習.JPG

 受講生さんたちからも「勉強になった」「わかりやすかった」「体験できて良かった」などの声が聞こえてきました。

 

 

 学んだことを活かしながら、これから実際の現場での経験を積んでいってほしいと思います。

今後のますますのご活躍を期待しています。

達成感②.jpg

 

2019年4月10日

2019年度 新採用職員基礎研修が終了しました!

 みなさん、こんにちは。

日中の日差しも大分暖かくなり、桜も咲くようになりましたね。

 

  先日3/26・27・28日と、新人研修全体①.JPG

この春から四天王寺福祉

事業団に仲間入りすること

になった方々と一緒に基礎  

研修を行いました。

 

   常務理事から、当法人の大事にしている宣言や心得・福祉の精神等を学び、実践的な救命救急やチームビルディング、接遇研修や先輩からのディスカッション等、様々なカリキュラムを通して、この春からのスタートを再確認しました。   

 

新人研修山下先生②.JPG 山下先生ワーク.JPG

 

新人研修星野先生①.JPG

 

最後には「半年後の自分へ」と題して、これから働く自分への気持ちを書きとめ、9月に再びみんな(4月の自分)と会いましょう!と約束をしました。

新人研修全員①.JPG

2019年3月16日

実務者研修平成30年度10月コースが修了いたしました!!

今回は少人数でしたけれど、和気あいあい、とても和やかな雰囲気に包まれての授業でした。

  

初日は、やはり緊張の面持ちで始まりますが、徐々に授業に溶け込んでいきます。

様々な考え、意見、思い、そのどれもを尊重しつつ、一つに纏め上げていく作業は、皆真剣です。

この場所が、学びの場なのだと感じる瞬間です。

グループワーク1810①.JPG

グループワーク1810②.JPG

グループワーク1810③.JPG

 

 

 

 

 

 

 演習授業でも、熱い瞳に包まれています。 

演習1810①.JPG 演習1810②.JPG 

 

 

 

 

 

 医療的ケアの授業でも、皆熱心に取り組んでいます。

医療的ケア1810①.JPG

今まで見たことがない人も、経験のない人も練習に余念はありません。

医療的ケア1810③.JPG

医療的ケア1810②.JPG 医療的ケア1810⑤.JPG                                        

 

すべての過程を終え、達成感でいっぱいです。

皆様、お疲れさまでした。

この研修が、今後に活かされますように・・ますますのご活躍、期待しております。

はい、ちーず!

修了式1810.JPG