文字サイズ 大 中 小

HOME > お知らせ

四天王寺悲田院保育園

2015年8月19日


8月一時保育予約状況更新しました

8月一時保育予約状況.pdf  8月まだまだ空きがございます。皆様からのご予約お待ちしております

やまぶき園(島本町立)

2015年8月17日


9月 自主製品の園外販売実施日程

コープ販売

日時 : 9月3日(木) 10:00~11:30頃まで

場所 : コープ島本(三島郡島本町青葉1-2-10)

木工製品・陶芸製品・布製品・小さな鉢物等、

心をこめて制作した品々を店頭販売いたします。

お問い合わせ : 075-961-8100 (やまぶき園)


やまぶき園(島本町立)

2015年8月17日


平成27年度 青葉盆踊りに参加します♪

平成27年度 青葉盆踊り

日時 : 8月22日(土)   18:30~21:00

     (* 雨天決行ですが、古本市・ヨーヨーつり・スーパーボールつりは

        中止し、その他食品、飲料は集会所室内での販売となります。)

場所 : 柳原公園 (青葉集会所横)

やまぶき園は、焼き鳥の販売を行います ^ о ^ ♪♪

 


四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

2015年8月1日


就労訓練事業(いわゆる中間的就労)を開始します

開始時期:平成27年8月1日

就労訓練事業所:四天王寺悲田院養護老人ホーム

四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

        四天王寺悲田院デイセンター

        四天王寺悲田院保育園

        

就労訓練事業とは

一般就労と、いわゆる福祉的就労との間に位置する就労の形態として位置づけられており、

すぐに一般就労ができない人に対し、本人の状況に応じて就労の場を提供しながら、最終的には、自立的に就労することができるようになることを目標としています。

 

就労訓練事業の対象者

例えば次のような状態にある人が想定されます。

ⅰ)直近の就労経験が乏しい人

・いわゆるひきこもりの状態にある人、もしくはあった人、またはニートの人

・長期間失業状態が続いている人

・未就職の高校中退者 など

 

ⅱ)身体障がい者等であって、障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業等の障がい福祉サービスを受けていない人、身体障がい者等とは認められないが、近似して一定程度の障がいを持つと認められる人、障がいを有する疑いのある人

 

具体的な支援方法

就労支援担当者を1名以上配置し、対象者の就労状況を適切に把握、作業内容について助言を行うほか、自立相談支援機関とも連携のうえ、対象者が一般就労ができるようにするための相談援助や、その他の支援を行います。

就労支援担当者の業務

ⅰ)就労支援プログラムの作成

ⅱ)対象者の就労状況の把握、助言指導

ⅲ)対象者に対する一般就労に向けた相談援助

ⅳ)生活支援、健康管理

ⅴ)自立相談支援機関やその他関係機関との連絡

ⅵ)その他対象者の一般就労に向けた支援に関する業務

 

就労形態について

雇用型:雇用契約を締結したうえで、支援付きの就労を行う段階

非雇用型:雇用契約を締結せず(無償もしくは最低賃金以下)、訓練として就労を体験する段階

上記2つが想定されており、これらの方法により生活困難者に就労の機会を提供しています。

この就労訓練事業は2015年4月施行の生活困窮者自立支援法に定められた事業の一つです。

四天王寺悲田院では地域支援係が総合相談窓口として、就労支援担当者(窓口)となり、悲田院内のコーディネートをさせていただいております。

興味のある方はまず、お気軽にご相談をください。

 

お問い合わせ先

四天王寺悲田院 地域支援係 大野・赤穂

TEL 072-957-3731


四天王寺悲田院在宅サービス

2015年8月1日


就労訓練事業(いわゆる中間的就労)を開始します

開始時期:平成27年7月~

就労訓練事業所:四天王寺悲田院養護老人ホーム

                       四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

          四天王寺悲田院デイセンター

          四天王寺悲田院保育園

        

就労訓練事業とは

一般就労と、いわゆる福祉的就労との間に位置する就労の形態として位置づけられており、すぐに一般就労ができない人に対し、本人の状況に応じて就労の場を提供しながら、最終的には、自立的に就労することができるようになることを目標としています。

 

就労訓練事業の対象者

例えば次のような状態にある人が想定されます。

ⅰ)直近の就労経験が乏しい人

・いわゆるひきこもりの状態にある人、もしくはあった人、またはニートの人

・長期間失業状態が続いている人

・未就職の高校中退者 など

 

ⅱ)身体障がい者等であって、障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業等の障がい福祉サービスを受けていない人、身体障がい者等とは認められないが、近似して一定程度の障がいを持つと認められる人、障がいを有する疑いのある人

 

具体的な支援方法

就労支援担当者を1名以上配置し、対象者の就労状況を適切に把握、作業内容について助言を行うほか、自立相談支援機関とも連携のうえ、対象者が一般就労ができるようにするための相談援助や、その他の支援を行います。

就労支援担当者の業務

ⅰ)就労支援プログラムの作成

ⅱ)対象者の就労状況の把握、助言指導

ⅲ)対象者に対する一般就労に向けた相談援助

ⅳ)生活支援、健康管理

ⅴ)自立相談支援機関やその他関係機関との連絡

ⅵ)その他対象者の一般就労に向けた支援に関する業務

 

就労形態について

雇用型:雇用契約を締結したうえで、支援付きの就労を行う段階

非雇用型:雇用契約を締結せず(無償もしくは最低賃金以下)、訓練として就労を体験する段階

上記2つが想定されており、これらの方法により生活困難者に就労の機会を提供しています。

この就労訓練事業は2015年4月施行の生活困窮者自立支援法に定められた事業の一つです。

四天王寺悲田院では地域支援係が総合相談窓口として、就労支援担当者(窓口)となり、悲田院内のコーディネートをさせていただいております。

興味のある方はまず、お気軽にご相談をください。

 

お問い合わせ先

四天王寺悲田院 地域支援係 赤穂

TEL 072-957-3731


四天王寺悲田院保育園

2015年8月1日


就労訓練事業を開始します

「就労訓練事業(いわゆる中間的就労)を開始します」

 

開始時期:平成27年8月1日

就労訓練事業所:四天王寺悲田院養護老人ホーム

四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

        四天王寺悲田院デイセンター

        四天王寺悲田院保育園

        

就労訓練事業とは

一般就労と、いわゆる福祉的就労との間に位置する就労の形態として位置づけられており、

すぐに一般就労ができない人に対し、本人の状況に応じて就労の場を提供しながら、最終的には、自立的に就労することができるようになることを目標としています。

 

就労訓練事業の対象者

例えば次のような状態にある人が想定されます。

ⅰ)直近の就労経験が乏しい人

・いわゆるひきこもりの状態にある人、もしくはあった人、またはニートの人

・長期間失業状態が続いている人

・未就職の高校中退者 など

 

ⅱ)身体障がい者等であって、障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業等の障がい福祉サービスを受けていない人、身体障がい者等とは認められないが、近似して一定程度の障がいを持つと認められる人、障がいを有する疑いのある人

 

具体的な支援方法

就労支援担当者を1名以上配置し、対象者の就労状況を適切に把握、作業内容について助言を行うほか、自立相談支援機関とも連携のうえ、対象者が一般就労ができるようにするための相談援助や、その他の支援を行います。

就労支援担当者の業務

ⅰ)就労支援プログラムの作成

ⅱ)対象者の就労状況の把握、助言指導

ⅲ)対象者に対する一般就労に向けた相談援助

ⅳ)生活支援、健康管理

ⅴ)自立相談支援機関やその他関係機関との連絡

ⅵ)その他対象者の一般就労に向けた支援に関する業務

 

就労形態について

雇用型:雇用契約を締結したうえで、支援付きの就労を行う段階

非雇用型:雇用契約を締結せず(無償もしくは最低賃金以下)、訓練として就労を体験する段階

上記2つが想定されており、これらの方法により生活困難者に就労の機会を提供しています。

この就労訓練事業は2015年4月施行の生活困窮者自立支援法に定められた事業の一つです。

四天王寺悲田院では地域支援係が総合相談窓口として、就労支援担当者(窓口)となり、悲田院内のコーディネートをさせていただいております。

興味のある方はまず、お気軽にご相談をください。

 

お問い合わせ先

四天王寺悲田院 地域支援係 大野・赤穂

TEL 072-957-3731


四天王寺悲田院養護老人ホーム

2015年8月1日


「就労訓練事業(いわゆる中間的就労)を開始します」

開始時期:平成2781

就労訓練事業所:四天王寺悲田院養護老人ホーム

  四天王寺悲田院特別養護老人ホーム

        四天王寺悲田院デイセンター

        四天王寺悲田院保育園

        

就労訓練事業とは

一般就労と、いわゆる福祉的就労との間に位置する就労の形態として位置づけられており、

すぐに一般就労ができない人に対し、本人の状況に応じて就労の場を提供しながら、最終的には、自立的に就労することができるようになることを目標としています。

 

就労訓練事業の対象者

例えば次のような状態にある人が想定されます。

)直近の就労経験が乏しい人

・いわゆるひきこもりの状態にある人、もしくはあった人、またはニートの人

・長期間失業状態が続いている人

・未就職の高校中退者 など

 

)身体障がい者等であって、障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業等の障がい福祉サービスを受けていない人、身体障がい者等とは認められないが、近似して一定程度の障がいを持つと認められる人、障がいを有する疑いのある人

 

具体的な支援方法

就労支援担当者を1名以上配置し、対象者の就労状況を適切に把握、作業内容について助言を行うほか、自立相談支援機関とも連携のうえ、対象者が一般就労ができるようにするための相談援助や、その他の支援を行います。

就労支援担当者の業務

)就労支援プログラムの作成

)対象者の就労状況の把握、助言指導

)対象者に対する一般就労に向けた相談援助

)生活支援、健康管理

)自立相談支援機関やその他関係機関との連絡

)その他対象者の一般就労に向けた支援に関する業務

 

就労形態について

雇用型:雇用契約を締結したうえで、支援付きの就労を行う段階

非雇用型:雇用契約を締結せず(無償もしくは最低賃金以下)、訓練として就労を体験する段階

上記2つが想定されており、これらの方法により生活困難者に就労の機会を提供しています。

この就労訓練事業は20154月施行の生活困窮者自立支援法に定められた事業の一つです。

四天王寺悲田院では地域支援係が総合相談窓口として、就労支援担当者(窓口)となり、悲田院内のコーディネートをさせていただいております。

興味のある方はまず、お気軽にご相談をください。

 

お問い合わせ先

四天王寺悲田院 地域支援係 大野・赤穂

TEL 072-957-3731


四天王寺夕陽丘保育園

2015年7月31日


☆8月献立


四天王寺夕陽丘保育園

2015年7月31日


8月園だより


四天王寺和らぎ苑

2015年7月30日


H27年度 和らぎ苑季刊誌「和っはっはっ」夏号が発行されました!

遅くなりましたが、季刊誌「和っはっはっ」夏号が発行されました!

5月に開催された春祭りの様子や家族説明会の内容、今年度から入職した新人職員の紹介、リハビリテーションの紹介などを掲載しております。

平成27年7月号.pdf

またご意見、ご感想などをお待ちしています。